2013年12月30日

1/1(水)ARTLOGUEメールマガジン『ARTLOGUE mag』配信!

1/1(水)ARTLOGUEメールマガジン『ARTLOGUE mag』を配信いたします。今年10月より始めた『ARTLOGUE mag』。たくさんの方にいつも支えられております。ご登録いただいている皆様、執筆いただいている皆様、本当にありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

新年号も素敵な方々にコラムをご寄稿いただいておりますので、ご登録はお早めに!

CURATORS TV | メールニュース登録http://www.curatorstv.com/doc/subscribe.html
※CURATORS TVメールニュースとなっておりますが、こちらへのご登録で『ARTLOGUE mag』をお届けいたします。

今回の気になるコラムニストの方々は…

まずは『ARTLOGUE mag』スタート時より短期連載を執筆いただいている楢崎寛さん。引き続きBURNING MANレポートをいただいております。いよいよ最終回…楢崎さんのプロフィールはこちら↓

楢崎寛(編集者)
“神戸からの手紙”“SAVVY””あまから手帖””遊ぶ大人””LIFE & DESIGN”など、関西で雑誌編集出版。その他、大阪市・まちのパブリックアートガイド、神戸ファッション美術館開館広報誌 “ERA”、芦屋市立美術館でのHIROKO KOSHINO展企画運営・作品集制作などの企画編集を手がける

続いて鞆の津ミュージアムのアートディレクター櫛野展正さん。櫛野さんのお写真もアップしちゃいました。





櫛野さんには2014年1/18より始まる「山下陽光のアトム書房とミョウガの空き箱がiphoneケースになる展覧会」について執筆いただきました。櫛野さんのプロフィールはこちら↓

櫛野展正(くしの・のぶまさ / 鞆の津ミュージアム アートディレクター)
2012年5月、広島県福山市鞆の浦に築150年の蔵を改修した美術館、「鞆の津ミュージアム」をオープン。死刑囚の描いた絵画や社会の周縁で表現を続けている人たちに焦点を当て、挑戦的な企画を打ち出し続けている。企画した展覧会に「ようこそ鞆へ!遊ぼうよパラダイス」(2013)、「極限芸術~死刑囚の表現~」(2013)、「リサイクルリサイタル-幸せ時間の共有-」(2012)、「LOVE LOVE SHOW」(2012)などがある。

そして他にももうお二方。どなたかは…シークレット!メールマガジン配信を楽しみにお待ちください。

ARTLOGUEメンバーによるリレーコラム「あーとろーぐのわ」。今回の担当は京都大学の研究プロデューサーでありARTLOGUEのWEBエンジニアである山本祐輔です!

それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。

1 件のコメント:

  1. 友人のプレゼント用に購入しましたが、気に入って使ってくれています(http://www.iphonecasepopular.com/)

    返信削除